明後日からカモがネギを配達

oracle206.exblog.jp
ブログトップ
2004年 12月 23日

プリズン ~東宝ヤッツケレンタル専用DVDレビュー第一弾~

b0068839_21532079.jpg


こんばんわ。外国の刑務所では必ずケツにチンコ突っ込まれると思っている生肉です。
レニー・ハーリン(ex.Exosist The Beginning、DieHard2)のメジャー一作目、「プリズン」ですが、
東宝ヤッツケレンタル専用DVDで再見してみた。初見は中学2年時劇場で。

冤罪を着せられ、電気椅子に送られた囚人の悪霊が怨みを張らすべく、刑務所内で大暴れ!
大暴れというか、独房を灼熱地獄にしてみたり、有刺鉄線で警備員をグルグル巻にしたりと
悪霊なら、もっtイカした手口を使いやがれ!ってなもんです。

とにかくテンポが悪い。悪すぎる。
後半、呪術紛い受刑者が悪霊と対決を始める当たりから一気に畳み掛けるべきなのに
ダラダラとヘタレ刑務所改善委員のエピソード、囚人イジメのエピソード(ちょっとだけ女囚さそりっぽい)
を挟む物だから全然盛り上がらない。ラストのラスボスなんていきなり地面から噴出し、電気攻撃。あまりのいきなりさにポカーン必須である。
レニー・ハーリンは、また酔っぱらって編集でもしていたのだろうか?


ちなみにDVDでは、吹き替えがTV放映時のモノを使用しているため、放映時にカットされた部分は突然英語音声となる。特典については劇場用予告のみ。画質は白色が飛びすぎ。なんかフルチの古いビデオをみているような質感であった。
[PR]

by namaniku206 | 2004-12-23 21:54 | Movie


<< 家族と過ごせ!      ラーメン~店名に惹かれるのも~ >>